Trout Reality Check 101 |連敗脱出
FC2ブログ

Trout Reality Check 101

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  釣り
tag : 
先ず、この場をお借りして、3月11日に発生しました
東北地方太平洋沖地震の被害に遭われた方、またその関係者の方に
心よりお見舞い申し上げます。
この状況にて釣りの内容をアップするのは不謹慎かと思いましたが、
不安に駆られている方が多い中、少しでも明日への新たな気持ちを
持てるようになってくれたらと思い、アップさせていただきます。


前回のブログでお伝えしたように、長野県にあるダム湖に行って来ました。
合計4日間の釣行でしたが、最初の2日間は朝は気温-9℃、水温は2℃と
かなりコンディションが悪く、時間によっては吹雪の中でキャストを
繰り返しましたが、両日共に1バラシと結果が出せずに撃沈。
過去に入った事の無い第1と呼ばれる場所と、場所取り激戦区である
滝のある場所に入れたものの、全く相手にされずにネイティブの
難しさを痛感。
水温が低かったためか、フックが大きな太軸すぎたためか、
ショートバイトにアワセても完全なフッキングが出来ず目の前で
ブラウン、小型のサクラをバラしてしまった。(たぶん腕の問題だが)


その後の2日間で結果を出すべく、フックをサイズダウンし細軸で
シャープなモノに換えて、再出撃。
これでショートバイトにも対応できるはず。
大型を期待する前に、連敗脱出の為に先ずは1匹を目指した。
この2日間は友人と一緒に、昨年結果を残しているダム湖の逆側に。
この日は、午前4時過ぎに現地に到着。静寂に包まれる中、
微かに聞こえるライズ音に胸を高鳴らせ、夜明けを待つ。
ウェーダーに着替えて、辺りが薄っすら明るくなり始めたところで
釣り開始。
気温も高く、水温も4℃程に上がっており期待出来そう。
先ずは友人と50M程離れてキャスト開始。
この場所は昨年も結果を出していた場所なので、回遊ルートと
地形がなんとなく把握出来ている好ポイント。
昨年からずっと続いている連敗から脱出するには、この日しかない
と思うくらい良い条件が重なっていた。
必ず回遊して来るであろうポイントにキャストを繰り返す。
と、釣り開始30分を過ぎたところで、ついに
連敗脱出のその時が訪れた。
スプーンをフルキャスト後、カウント7から回遊ポイントを
通り過ぎたところでドカン!!
即座にアワセを入れる。フックを交換していた事が功を奏したのか、
完全にフッキングしている。
しかし、久しぶりのアタリと、今年初のサクラかもと思うと、
魚とのやり取りを楽しむ暇も無く、ほとんどパワープレーで
取り込んでしまった(汗)。
しかし数ヶ月ぶりの魚との対面。しかもサクラ。
こんなに釣れなかったのは初めてだったので、サイズは34cmと
小型だったがこのサクラが人生で初めて釣った魚にすら思えるほど
嬉しかった。
しっかしこのサクラ、34cmにしては引きが強かった。

手短に写真を撮り、丁寧に蘇生をしてあげたサクラは
元気に湖に戻っていった。
こんなに清々しい気持ちは久しぶりだった。
魚とのやり取りなど、たかが1分にも満たない。
しかし、この一瞬の為に数ヶ月のボーズですら苦にもならずに
釣行を重ねられた。これだから釣りは止められない。
これでようやく連敗を脱出できたので気分新たに、
更なる1匹を目指し釣り再開。
しばらく何も反応が無い時間が続いていたが、
急に風が止んで湖流の流れが緩くなってきた。
少し棚を下げて誘ってみようと深場を探り出した1投目、掛け上がりに
差し掛かった所で誘いを入れてみると、ドンっと強いアタリ!!
しっかりアワセを入れて今度は落ち着いてやり取り。
サクラらしいシャープな引きを楽しんで、手にしたのは42cmのサクラ。

やはり連敗の後は上り調子なのか!?
数時間の釣りだったが満足のいく結果となった。

翌日、再び同じポイントに入った。
立ち位置を先日より100Mほど変えてキャスト開始。
この日も気温が高く、最低気温も零℃と、
この時期のこの場所にしては高い。
が、予想に反して何の反応も無い。
離れてキャストを繰り返している友人にも反応は無いようだ。
何も無いまま2時間が過ぎた頃、昨日の2本目のサクラを出した釣り方に
変更してみるとモソっとしたアタリが!!
しっかりアワセを入れて引いてくると、久しぶりのイワナの顔が。
細いその魚体を測ってみると36cm。

自己記録更新となるサイズに嬉しくて、何枚も写真を撮ってしまった。
この地方のイワナはヤマトイワナになるのか?
尾ビレがオレンジがかっていてとても綺麗なイワナだった。
しかし、この後2時間粘るも、2匹目のドジョウは現れなかった。

今回は連日の釣行という事で、コンディションの変化を見ながら
釣りができた事が結果に出たのだと思う。
私のように、釣り場から離れた場所に住んでいて、
行きたい時に釣りに行く事が不可能な人は、あまり釣りをする
コンディションを選べないのが事実。
数少ないチャンスをモノに出来たのも、良いコンディションが
重なってくれたおかげだった。
そして、現場にてお会いした方々から的確なアドバイスと
情報を頂けたおかげだ。ポイントの説明や釣り方など、
本当に丁寧に教えてくれる方々に出逢えて、釣果以上に
素晴らしい釣行となることが出来た。
僕の今年の新たなスタートは、新たに知り合えた方などと共に
最高な形でスタートする事が出来たのではないかと思う。
また近々予定している釣行も、そんな釣りが出来たら最高です。

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/22 20:28  #[ 編集]


コメント頂きありがとうございます。
本当に辛抱の賜物でした。
ネガティブになっていた気持ちが吹っ飛びました(笑)
更なる吉報が出来るように頑張ります!!
2011/03/22 22:34URL  caspico #-[ 編集]


凄い釣果ですね。
この時期にブラウンではなくサクラマスを揚げるとは…脱帽です。
地元の釣師でも非常に難しいことだと思います。

写真を見ていたら、サクラマスの塩焼きが食べたくなってしまいました。
桜の咲く頃に出掛けたいと思います。
2011/03/23 02:16URL  troutrise #-[ 編集]


troutrise 様

こんにちは。
気温が一気に上がり活性が上がったのが
良かったっぽいです。
もう少し暖かくなればチャンスが増えそうですね。
友人が1匹持って帰って食べたみたいですが、
越冬で体力を使い果たしたのか
身はパサパサだったみたいです泣。
2011/03/23 16:52URL  caspico #-[ 編集]


良い魚ですね、羨ましい!
サクラマスやイワナを見ると昔通ったダム湖を思い出します。
メインのベイトとなるワカサギの数が多いダム湖ほど大型に育つ個体が多い様です。
2011/03/25 22:21URL  Megaceryle lugub #-[ 編集]


Megaceryle lugub 様

ありがとうございます。
魚種が多いダム湖は釣りが面白いですよね。
大型に成長する可能性が高いですしね。
そんな魚をボトムから引きずり出してみたいです。
水圧のかかった魚の引きはクセになりますね。
2011/03/26 09:39URL  caspico #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://caspico.blog15.fc2.com/tb.php/19-30ca7c50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。