Trout Reality Check 101 |春到来。
FC2ブログ

Trout Reality Check 101

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  釣り
tag : 
今回も長野県にあるダム湖にてランドロックを狙った。
ここ最近の状況から水温が4℃以上あるか、前日の夜の気温が
高ければ釣れる可能性が飛躍的に上がる事は分かっていた。
当日は、諸々の用事を済ませてから現地に着いたのは11時前だった。
気温は10℃を超えている。水温を測ると5℃。
間違いなく釣れる状況だったのだが、時間帯が微妙。
早速、いつものポイントに入って開始する。
平日と言う事もあり、釣人は対岸方向に数人だけ。
ラッキーなことに、僕の探りたいポイントは全て空いていた。
が、やっぱりと言うか当たり前と言うか…2時間が経過しても
何ら反応が無い。早朝に叩かれているのは間違い無さそうだ。
最近は、釣りに集中するためと体力を維持するためにチョコレート
(おいしさイナズマ級)を食べながら釣りをするのが定番と
なっているのだが、魚からの反応が無いので、
途中でこのチョコレートを食べようと大きな岩に腰掛けると
太陽の光を浴びた岩の温もりから春の到来を感じ、気持ちよく
寝そべりながら食べていると、ウトウトしてきて…zzz
気付くと14時を回っている(汗) ヤバい!
慌ててキャストを再開するも、かなり寝ぼけていて集中出来ない。
ポイントを変えて集中しようと、前回の釣行でイワナを上げれた場所に
移動して、12gのスプーンでボトム付近を探って行く。
しかし、ずっと南西の風が吹いているのが気になる。
経験上、このポイントで南西の風が吹いている時は反応が悪い。
たぶん南西の風では、ルアーの届かない距離の場所に回遊ルートとなる
湖流を生んでしまうのでは無いだろうか。
ここはランドロック。地形が複雑な為に、風が吹く方向に魚が
動く訳では無いはず。
移動する時間も無いので、風が止むのを待った。
釣り再開から1時間が経過して、徐々に風向が変わって来た。
引いているルアーから伝わる重みが少し重くなって来た。
ルアーが流れを通過し始めている。チャンス到来。
この流れに沿って回遊が来れば…などと思っていると、
いきなりググン!!
即座に大きくアワセを1回入れる。
ガッチリとフッキングは出来てそうだが、あまり良型ではなさそうだ。
あまり駆け引きも無く、そのまま引き上げて出て来たのは
32cmの小型サクラマス。

いつ見ても綺麗な魚体である。
ちょっとサイズ的には物足りないが、昼からの釣りでサクラが釣れて
満足した僕は、この1匹をそっとリリースして納竿。
今日も雄大な自然を満喫して、帰路についた。


コメント


綺麗な魚ですね、羨ましいです。
昔、ダム湖のスプーニングに明け暮れていた頃の事です。
ルアーの引き抵抗が増す事を「このレンジの水が重い」と良く仲間と言っていた事を思い出しました。
軽いと釣れず、重すぎると釣れず。
その理屈は検証しいていませんが、ダム湖の流れは不思議ですね。

2011/04/06 22:58URL  Megaceryle lugub #-[ 編集]


Megaceryle lugub様

毎回コメント頂きありがとうございます。
私もあまり詳しくないのですが、水温の変化や
水の流れなど複雑に関係していそうですね。
分かっているようなブログの内容ですが、
実はあまり湖流を把握出来てはおりません(笑)
この引き抵抗の違いが釣果に関係しているのは
間違いなさそうですが。
これを探れるところがスプーンの楽しさですね。
2011/04/07 10:59URL  caspico #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://caspico.blog15.fc2.com/tb.php/22-6404ddc3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。