Trout Reality Check 101 | ルアーウォレット製作

Trout Reality Check 101

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  レザー
tag : 
釣りを始めてからレザーが好きになった。
レザーの強靭な素材と、使い込む程に愛着が出るその質感に
今では僕の生活に欠かせないモノとなっていた。
そんな中、自分でもレザークラフトを始めてみたいと思い
今回初めて試してみた。
もちろんせっかく作るのだから釣具関係の物にしようと思い、
無理を承知で、ハードルを上げてルアーウォレットの製作に決定。
全く何の知識も無いので、先ずはレザークラフト技法事典を購入して
製作する技法や手順の予備知識を勉強。期待が上がる。
その後、製作する上で最低限必要と思われる道具を購入。
生地は浅草橋のタカラ産業にて格安でタンニン鞣しの牛ヌメ革を購入。
もちろん完璧なパターンなど引けないので手持ちのウォレットで使い易い
サイズのモノをメジャーして、イラレを使って正確に図面化。
さらに製作し易く、初心者の自分にも出来そうなデザインにアレンジ。
先ずは、厚紙に図面を貼り合わせて切り抜き、型紙の完成。


この後、革に型紙をけがいていく。
センターとなる場所や折り込む場所なども印をつけながら正確に写す。
更に、裁断→トコ、コバの処理→ギン面への加脂→縫い穴開けと続き、
手縫いにて縫い合わせる作業に移って行く。
ここで、デザイン通りに製作する為にファスナーの取付けをしなければ
ならない所まで進んだ。
このファスナーの取付けが今回作った中で一番悩んだ箇所かもしれない。
湾曲上に取付けるファスナーは、製品の顔とも言えるような場所にあり
ここで綺麗な湾曲が出なければ、どんなにレザーの質や仕上がりが
良くても全て台無しになると思えるほど重要な箇所。
最初は仮縫いで湾曲を作ろうと思ったがあまりキレイに仕上がらない。
色々しているうちに両面テープを試しに使ってみると、これが大当たり。
縫う前からファスナーの開閉が試せ確実な仕上がりに近づく事が出来た。
いよいよ手縫いにてパーツを組み上げていく。
レザーの手縫いは、一般の洋裁などでする手縫いとは大きな違いがあり
糸の両端にそれぞれ針がつくようになる。
この針を交互に同じ穴に刺しながら糸を引っ張り、強度を出して行く。
この作業をするにあたって、両手にそれぞれの針を持っている為に
革本体を持つ事が出来ない。
そこでレーシングポニーに革を固定するのだが、意外とこのポニーが
買うと高いので、実物は見た事が無いが、自作している人のサイトを
参考にしながら作ってみた。
アーム型になっていて作業効率が良いとされている形にしてみることに。
自宅にあった廃材を利用してボルトナットのみ購入(100円)。
電ドリにて穴を開けて30分程で完成。
革を挟む部分には、設置面の保護の為に革を接着。
クランプにて固定するチャチな物だが、なかなかの出来。


あとは縫うのみ。
ここで気付いたのだが、菱目打ちで穴を開けるときにギン面から穴を
開けると、通常通りトコ面から縫ったときに縫い糸が
斜めにかかるようになり、逆にトコ面から穴を開けて通常通り
トコ面から縫うと縫い糸がストレートになる事が分かった。
(たぶん基本中の基本なのだろうが、この発見がなかったら確実に
失敗して何回かやり直しになるところだった)
そんなこんなで完成。


初めてのわりにはキレイに仕上がったが、縫い線を5mmにしたのが失敗。
縫い合わせてから微妙だなと思い調べてみると、3mmが基本のよう。
次回はもう少し綺麗に仕上げられそう。


今回は初めてだったのでルアーのフックを掛ける部分に工夫が
出来なかった為、ただの切れ込みのみになってしまった。
内側はムートン張りなどが定番だと思うが、僕は大きなスプーンを複数
持ち歩くのと、スプーンが見やすいように整列していないと嫌なので、
この部分は次回までに何か良い方法を考えておかないと。
大きなスプーンが60個までは整列されて入るサイズなのだが、
次回はもっと小さなウォレットでもいいのかもしれない。
とりあえず、いつも使うスプーンをこのくらい入れても強度的には
何も問題なさそうです。


思い出が詰まる頃には、愛着と味が出ているだろうな。

コメント


かっこいいウォレットですね。ハンドクラフトが出来る人に憧れちゃいます。
不器用でせっかちな僕には真似の出来ない世界です。羨ましい。
2011/08/22 00:13URL  Megaceryle #JalddpaA[ 編集]


Megaceryle様

お久しぶりです。
コメント頂きありがとうございます。
ここ最近は暑さで釣れない釣りに我慢出来ず、
釣りに絡んだ事を現場以外でやるのが日課になりつつあります。
私も器用ではないのですが、モノを作る喜びを忘れていたので、
それを思い出せただけでも良かったです。

2011/08/22 11:10URL  #-[ 編集]


あけましておめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。
解禁までまだ少しありますが、今年も良い魚を見せて下さいね。
ダム湖の記事も楽しみにしています。
2012/01/01 10:30URL  Megaceryle #-[ 編集]


Megaceryle様

コメント頂いていたのに、こちらの事情で返信出来ずスミマセンでした。
当ブログから一時離れておりましたが、明日からランドロック狙いを再開しようと思います。
また釣果報告はアップ致しますので、こちらこそ今後とも宜しくお願い致します。
2012/03/10 00:18URL  #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://caspico.blog15.fc2.com/tb.php/32-b1bbd863
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます2012/11/27 07:42
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。