Trout Reality Check 101 |八千坊との出合い
FC2ブログ

Trout Reality Check 101

Category :  スポンサー広告
tag : 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category :  釣り
tag : 
もうすぐ始まる新シーズンの前に、昨年の自分の釣果などを思い出してみた。

色々なブログを拝見していると、かなりの大物や、価値のある1匹を

釣り上げたと皆さん書いていらっしゃる。

あんなゴイスーな魚は釣っていなので、

ここでは僕の出会った大切な1匹について書かせていただきたい。

それは、長野県にある管理釣場 八千穂レイク で出会った稀な話し。

僕の釣りのスタイルは スプーンでトラウトを魅了する をテーマに

釣った魚は必ずリリースすると言うモノ。

殺生するような釣りは絶対にしない である。

その日も、こちらの管理釣場の自慢の引きの強いレインボーと遊んでいた。

そこに掛かったのが55cm弱のレインボー。

ファイトも、ガッツのある抵抗で楽しませてくれた。

いよいよランディング……と、思っていたら

暴れる彼のエラに、ボガの先がオモイッキリ当たってしまった。

出血の量がハンパじゃない。

僕の手にした時には既に手遅れの状態。

たかが魚かもしれないが、僕からすると命の重みを感じずにはいられない。
(食用として釣っていないのでどうしようも出来ない)

腹が上になって動かなくなった魚を前に呆然としている僕の横を、

管理のオジさんが歩いてくる。

せっかくの良いコンディションの魚が虫の息だと伝えると、

「今日ちょうど剥製用に1匹欲しかったんだ」

と、言っている。

しかも、八千穂レイクの管理棟の受付に飾るためで、

この方の初めての剥製に欲しい…と。

殺生してしまって曇っていた僕の気持ちが一気に晴れた。

偶然なのか必然なのか、このレインボーに生きていた価値が与えられた。

しかも、このオジさんと知り合いになって思い出に残る何かが生まれた。

これこそ、釣りに行かねば経験出来なかった僕の貴重な価値。

Realityと言うものは必ずしも、立派で見栄えよく、目に見える形で

表現されるモノではない。

この日の釣りで僕の釣りに求める何かが変わった。

しかし後日、その剥製のレインボーは逆に、立派に見栄えよく変わっていた。

P9290340_convert_20110204214600.jpg

このレインボーが剥製になって飾られたのは、

昨年のシーズン最後の間際であった。

僕は、彼をヤチボー(八千坊)と勝手に名付けた。

もちろん管理のオジさんの事では無い。レインボーをだ。

少しずつ暖かくなってきて、新しいシーズンが始まろうとしている。

僕は、今シーズン何回ヤチボーに会えるのか。

きっと僕の目指す釣りの本質を、ずっと彼が導いてくれる。

コメント


caspicoさん はじめまして。
突然のコメントにて失礼します。

実は記事があがる前からブログの背景にされている池の写真が気になってました。

僕の直感的にリンクされてるSKYさんの行ってる池だと思ったらやはりそのようで?

こちらの記事を楽しみにしている一人としてこれからも読ませて頂きます。

僕も何時の日か八千穂に行ってみたいのです。

では宜しくお願い致します。
2011/02/04 23:16URL  Megaceryle lugub #JalddpaA[ 編集]


Megaceryle lugubさん

初めまして。
コメントありがとうございます。
そうなんです!!
SKYさんのブログから拝借した画像で、
長野県にある僕らのホームの人造湖の画像です。
人造ですが、とても綺麗な湖なんですよ。
私も、Megaceryle lugubさんのブログはかなり前から
拝見しておりました。
いつも心に響く内容で勉強させていただいております。
これからも宜しくお願い致します。

caspico
2011/02/04 23:58URL  caspico #-[ 編集]


caspicoさん こんばんは。
ウチのブログを読んで下さっていたとは!ありがとうございます。
それならばということでリンクさせて下さいね。
今後とも宜しくお願い致します。
2011/02/05 21:51URL  Megaceryle lugub #JalddpaA[ 編集]


Megaceryle lugubさん

こんにちわ。
こちらこそ、リンクさせて下さい。

実は、僕の父もランクル60に乗っておりました。
あのディーゼルのエンジン音が聞こえると父が仕事から
帰って来た合図でした。
飼っていた犬ですら、その音で鳴き始めたものです。
あの車には、家族愛に似た気持ちを持っておりました。
いつの日か、僕もランクル60に乗りたいものです。

ブログ楽しみにしております。
今後とも宜しくお願いします。
2011/02/06 12:34URL  caspico #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿
















この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://caspico.blog15.fc2.com/tb.php/5-89d54eb2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。